読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にはまだできることがある。nagi’s blog

生きていると、何かが起こる。何かが起きるって、生きていること。

「風の向こうへ駆け抜けろ」を読んで 感想

古内一絵さんの本は、味わい深く後味がよい。読んでるうちに、悪かった姿勢が正しい姿勢に変わって、一歩前になぜか進んでる感じがする。

風の向こうへ駆け抜けろ」は競馬の話だった。競馬のことは全然わからないのに、随分わかった気にしてくれる。どの世界にも生きづらさがあり、それでも生きて行っている。少しずつ、元気を充電した気分。私もまだ頑張れる、そんな気持ちさせてくれた本。

f:id:kukonomin:20170516124913j:image